シミウスを使って感じたリアルな口コミ

シミウスでシミは薄くなる?!

*

シミウスを妊娠中の美白ケアに使うときの知っておくべき注意点

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増えるため、メラノサイトが活発になりシミの原因であるメラニンが普段よりも多く作られます。妊娠中のシミ対策として使えるのがシミウス。低刺激成分で作られているので安心ですが、注意しなければいけない点もあります。

>>とりあえず送料無料!のシミウスを見てみる

妊娠中はシミが増える時期、シミウスでケアを!

妊娠中は女性ホルモンの「エストロゲン」や「プロゲステロン」の分泌量が増えるため、メラニンが生成されて、シミやソバカスが増えたり濃くなったりします。

妊娠中でも、きれいな肌でいたいし、産後のことを考えてもシミはなるべく作りたくないですよね。

シミウスは妊娠中も使える

シミウスは妊娠中も使える

妊娠中にできたシミは、産後しばらくしてホルモンバランスが正常になると、自然に消えていくことが多いといわれていますが、そのまま残ってしまうシミもあります。

特に高齢出産の場合は元に戻る力が20代のころよりもスローになっていることは確かです。

妊娠中からも美白ケアをしていきたいところですが、美白化粧品は刺激が強いものが多く、妊娠中におすすめできないものもあります。

妊娠中は肌も敏感になっているので、美白成分が入った化粧品でかぶれてしまったり、ハイドロキノンのような強い美白成分は避けたいと思っている人もいるはず。

シミウスに配合されている美白成分は、高濃度のプラセンタエキスです。その他、保湿成分としてコラーゲンやシコンエキスが配合され、低刺激といえるオールインワンジェルです。

香りもほとんど言っていいほど感じないので、つわりがひどくて香りがついている化粧品が使えない、という方にもおすすめですよ。

妊娠中のシミ対策としてできることは、日焼け止めなどを塗って紫外線対策をすること、そして保湿力のあるクリームなどを使い、肌のターンオーバーを正しく整えておくことです。

肌のターンオバーが乱れてしまうと、シミができやすくなってしまいます。

シミウスのリンパマッサージで、代謝をバンバンあげてくださいね。

シミウスを妊娠中に使うときの注意点

美白成分が高濃度プラセンタエキス、コラーゲンやシコンエキスなどが配合された低刺激のシミウスは妊娠中でもおすすめですが、いくつか注意点があります。

使用する前はパッチテストをすること
肌に合わなかったらすぐに使用を中止すること
マッサージする時は肌の刺激にならないようにたっぷり使うこと

いくら低刺激とはいえ、すべての人の肌に合うというわけではありません。特に妊娠中の肌はデリケート。顔につけた後に赤くなってしまった!なんてことがないように、使用する前は必ず腕の裏などにシミウスを少し塗り、パッチテストを行うようにしてください。

初めて顔につける時も少量から。もしも肌に合わなかったら、すぐに使用を中止して30日間の全額返金保証を利用しましょう。この返金保証はカスタマーサポートに連絡すれば対応してもらえます。

そしてマッサージする時は、いつもより量を多めに使ってマッサージしましょう。シミウスの量が少ないと、肌に摩擦が起き、メラニンが生成されてしまいます。

ただでさえ、メラノサイトが活発になってメラニンが作られている時です。肌の刺激にならないよう、十分注意して使ってくださいね。

シミウスを妊娠中に使うときの注意点

シミウスを妊娠中に使うときの注意点

シミウスを妊娠中に使う場合、いくつか注意点はありますが、保湿力も高く香りもないので、使いやすいと思います。特に、リンパマッサージではちょっとしたリラックスタイムになるかもしれませんね。

妊娠中は何かと気を使い、ストレスも知らず知らずのうちにたまってしまうこともあります。夜のスキンケアはゆったりとマッサージしながら、お肌のケアをするのもいいですね。

シミウスはオールインワンなので、忙しい産後も時短ケアとして使えますよ。お試しコースだと毎月自動で届くので、化粧品を選んでいる時間がない産後にも重宝するはず。

公式サイトでは20%オフの送料無料、マスクパックのおまけもついてくるのでぜひ一度チェックしてみてください。


 - シミウスについて ,